ひとり親セイカツ。

モラハラ夫・義理親との完全同居・別居生活を経て調停により離婚成立!

「雑用」をやらない同僚よ!なめたらあかん~。

f:id:shiawase-heart:20181227150629p:plain

私が勤める会社の女性従業員は私を含めて3人。私が一番年下で入社順が遅いので必然的に雑用をする機会が多く、仕事量も少ないので雑用を頼まれることが多いのです。

 

社歴が一番長い同僚女性Aさんは、手が空いているときは手伝ってくれたり「ありがとう」と声を掛けてくれたり、お互いその時の空気で気を利かせて社内雑用をこなしていますが、同僚女性Bさんは「雑用」を一切やりません。

「雑用」をしてくれている人を当たり前と思うな! 

雑用って評価されない地味な仕事ですが、誰かがやらなければ困ること結構多い気がします。

 

本当に地味ですが私がやっている雑用は

・段ボール、新聞をまとめてゴミ出し
・年末の社内掃除
・お茶出し
・お土産やお客さんからいただいたお菓子を配る
・会社に届いたお歳暮(約30個)を全部バラして社員へ平等に配る
・シュレッターのゴミ交換
・駐車場の草刈り  など

 

他にもありますが思いついた雑用を書きだしてみました。実に地味ですが、やらないと確実に私に声が掛かります。

基本、声が掛かる前にやりますけどね・・・。

※家族経営の零細企業で上司の考えは、雑用は基本女性のやる仕事と理解いただければと思います。 

  

同僚Bは忙しいのではなく、仕事ができない人

同僚Bは、口だけは立派なことを言っておきながら仕事の要領が悪い、とにかく私は忙しいアピール、タイピング音うるさい、人の話を最後まで聞かない、無駄にプライドが高い、絶対に間違いを認めない、と癖が強すぎて面倒くさい人なんですね。

 

そう、私はこの人が嫌いなんです。


1言うと100返してくる口から生まれてきたような人なので、恐らく「雑用は私の仕事じゃないわ。」と思っているのでしょう。

  

毎回のことですが、寒い廊下の片隅で段ボールをビニール紐でまとめていると、プライドお高いBさんが知らぬ顔して私の横を素通りして行くのですよ。

 

「ありがとう」の一言を言われるだけで、どれだけ心が救われるかお前は知らんだろー!!

 

私がやらなかったら段ボールで溢れかえってしまうということをお前は知らないのかー!!この野郎!!

 

毎回そう思うのです・・・。 

 

もう一人の同僚と相談をする

雑用を当番制にしようとも同僚Aさんと話したこともありました。

 

同僚Bに言っても「私は忙しいのでできる人がやればいいと思います!」と言われるだけで、相手にすると面倒くさくなるという結果から、Aさんと雑用を2人で回しているのが現状です。

 


同僚Bは仕事の要領が悪くできないけど、一つの仕事に時間がかかるので、デキるように見せかけているだけの人。

 

なぜかこういう人は、上司に取り繕うことが上手なのでアホな上司のお気に入りになっています。 

 

同僚Bに信用は「ない」!

関わると面倒くさい同僚Bなので、私はあまり自分から率先して手伝わないようにしてます。

 

手伝うとのちに、私の仕事にされてしまうので見て見ぬフリを貫いています。性格が悪くなっていく自分が分かりますが、保身のために仕方がないのです。


何に対しても当たり前の気持ちでお礼も言わない人の手伝いはしたくないのです!!

 

目立たない仕事をしてくれる人に対して感謝の気持ちが持てないBに頭にきます。  

 

おうおう!雑用バカにするなよ!!

ずっと同僚のグチになってしまいましたが「雑用」なめんなよ!ということです。

忙しいのは皆同じなんですよ。

 

だけどね、何に対してもそうですが、ちょっとした一言があるだけで自分が困っているときに「協力してあげようかな?」とか思うものなんですよ。

 

雑用係もやりたくてやってる訳じゃないということを理解してもらいたい!!

 

これまでの社会人経験から忙しいと口にしている人は、だいたい仕事があまりできない人が多いですね。

 

できる人ほど、快く手伝ってくれる傾向が多いような気がします!

 

現役雑用係からみなさんへお願いです

社内で雑用をしてくれている人がいたら「ひと言」声掛けてください!!それだけで、次回も雑用頑張ってくれますよ。

 

「私のこと見ててくれているんだ」という気持ちになれるんで嬉しいんです!!

 

会社だけじゃなくて、家のことでも小さな当たり前をやってくれている人へ感謝の気持ち、たまにでいいので伝えてください。

 

きっときっと、その人はいつかあなたの力になってくれるはずです!!

 

終始同僚Bの愚痴になってしまいましたが、雑用をこなす世の社会人の皆さんに感謝を申し上げたい。

 

いつも雑用してくれて「ありがとう」と・・・。