ひとり親セイカツ。

モラハラ夫・義理親との完全同居・別居生活を経て調停により離婚成立!

元夫から久々のLINE。そして、残念なお知らせあり。

f:id:shiawase-heart:20210719142105p:plain

元夫から久々のLINEあり

家計簿も何も長続きしない飽きやすい私。久しぶりにブログ更新します。

 

先日のこと、私が最も嫌いな方(元夫)から久しぶりにLINEがありました。何の用事かすぐに察しがつきました。

 

8月生まれの娘の誕生日プレゼントの件で連絡してきたようです。

 

娘に欲しいものを聞いて事務的にLINEを返信しておきました。誕生日付近にLINEしてくるということは、少しは娘のことを気にかけているということでしょう。

 

父親としての自覚があるのか?ないのか?分かりませんが、イベント毎だけは必ず何かしらプレゼントを送ってきます。


コロナのお陰で「面会交流」と騒がれる機会が少なくなり、私としては大変助かっていますが、娘からしたら一人しかいない父親で、元夫からしたら一人しかいない娘。

 

直接会う形での面会交流を1年以上していないこと、良いのか?悪いのか?何か複雑な心境でもあります。

 

父親が居ない環境ですくすく成長している娘。父親が居ないことで特別不自由を感じている様子は今のところありません。

 

本心は娘にしか分かりませんが「パパはいるけど、一緒に住んでいないだけ。パパはいるよ。」と娘が2歳半から別居をし始めたときから言い聞かせてきたので

 

友達に「お父さんいないの?」と聞かれても、「いるよ!」と堂々と答えられているようです。私の作戦大成功です!!

確かに「娘のパパ」は存在しているわけですから、一緒に住んでいないけど「いる!!」で間違いないですからね。

 

今の時代色んな形の家族があってもおかしくない気がします。

 

一緒に暮らしても苦労続きだったはず・・・

元夫とのLINEの往復の中で、私は近況報告など一切せず、娘に関する事務連絡しかしません。


そのやり取りの中で「転職したばかりですが、所属部署が撤退することになりクビになりました。」と記載がありました。

 

「・・・・。」コメントの仕様がないので返信せず、そのままLINEのやり取りを終了しました。

 

「何ということか。私、本当に一緒に一生を共にしなくて良かった。一人の力で娘を育てていくことを選んで間違いなかった。」と心から思ってしまいました。

 

コロナのご時世、私だって仕事がいつどうなるか分かりせん。それに元夫が可哀想とかそうも思いませんが

 

「なぜ、こんなにも不運続きな人なのだろう・・・」とガッカリというかやっぱりというか・・・とにかく言葉になりませんでした。

 

恐らく結婚生活が続いてたとしても、私は元夫に何らかの形で苦しめられていただろうと思います。


自分の人生の為に、離れなければいけない人間というのは確実に存在するのだとこれまで以上に確信してしまいました。

 

貧乏神でも憑いているのでは?と思うくらい、元夫には次から次へと残念な出来事が起こり続けています。元夫と関わるのは最低限だけで本当に充分だと思いました。


幸せとは何だろうか?

お金、健康、仕事、住む家、ご飯が食べられること、全てを満たしいても幸せと感じることができない人もいるし、どこまでも上を見ればキリがありません。

 

私は元夫と離れることが出来て、本当に幸せだと感じています。

 

お金は人より持っていないけど、健康な体と仕事があって、築30年以上のボロい借家住まいだけど、家族が集まると笑いが溢れる、リラックスできる環境。

 

好きなときに好きなものを買って食べられる。自由がある。

 

義理親との同居生活や結婚生活がなかったら気付かなかったことが沢山あります。

 

比較する過去の出来事があったから、私は幸せに気づきやすくなったのだと思います。


元夫の人生、客観的に見ても残念と思ってしまいました。元夫は元夫の選択する人生を生きればいいわけで、元夫に残念な出来事が重なったとしても、私は私の人生をこれからも生きていけばいいのです。

 

「小さな幸せ見つけ上手」になることが、毎日を幸せに生きていくコツだと思います。

 

自分は不幸、可哀想、悪いのは自分じゃないという考えばかりでは、幸せは近づいてきません。


幸せ見つけ上手が本当の幸せを掴むのだとこれからも信じて生きていきます!!

本当に元夫は残念だ・・・。