ひとり親セイカツ。

モラハラ夫・義理親との完全同居・別居生活を経て調停により離婚成立!

小1の娘が水疱瘡感染。病児保育を利用して私は仕事に行きました。

f:id:shiawase-heart:20181026152752j:plain

クラスの友達から水疱瘡感染。

小1の娘はボツボツが出る数日前から、夕飯を食べ終った頃から「疲れた。眠い~。」と頻繁に言っていました。学校と学童で1日を過ごしているから疲れているだけだと思っていました。
 
帰宅後、ダルイ状態が連日続いていたある日の夜、37度の微熱を出しました。早く眠れば治るだろうと軽く考えていましたが、翌朝、娘の顔を見ると発疹だらけ。
 
他のところにもできていないか確認してみると、全身赤いボツボツが出来ていました。

f:id:shiawase-heart:20181026104305j:plain

「これは明らかにおかしい・・・」と思い、学校にお休みの電話を入れ、学校内で流行っている病気がないか先生に聞いてみたところ、娘と同じクラスで水疱瘡の子が1人いたという話を先生から聞き、赤い発疹の正体は「水疱瘡だ・・・」と確信しました。
  
娘に最近お休みの子がクラスにいなかったか聞いたところ「斜め後ろの子が休んでたよ。」と教えてくれました。間違いなくその子からもらってしまったようでした。
 
数日前からの娘の体調不良は、水疱瘡の初期症状でした。
 
こうなると、感染症なので学校は出席停止。治るまでに約1週間。下手したらそれ以上かかるかもしれない・・・。勉強が遅れてしまわないか、それだけではなくて、私も仕事を休まなければいけなくなるし、収入が減る・・・。
 
とにかく、いろんな不安が頭をよぎりました。
その日は私も急遽仕事を休み、朝一で病院に連れて行き「水疱瘡」と診断をいただきました。
 
肝心の娘の状態は、ブツブツの発疹と微熱が出ていましたが、病人とは思えぬ元気さで、外出禁止なので家の中で過ごすことに飽きた娘は「ママ遊ぼう」の連呼。こちらが疲れてしまいました。
 
娘本人は、発疹がある以外は元気なので、1週間近く仕事を休んでいたら、収入が激減して我が家は破綻してしまうので、通っている小児科に併設されている病児保育を利用することに決めました。
 

「病児保育」を利用する 

診察に行ったついでに利用申請をし、年間登録料5,000円徴収されました。「仕事を休むことを考えたら安いお守り代だ」と考えることにし、私の手元から5千円札が羽ばたいていきました。

f:id:shiawase-heart:20181026103846j:plain

 
本来ならば1日/2,100円利用料がかかるのですが、私は住民税非課税なので、非課税証明書の提出を以って「無料」で利用できることになりました。
 
発疹が発症したのが幸いにも週末の金曜日の朝で、水疱瘡の経過が良かったので、土日を挟み月、火と学校は3日間休んだだけで済み、月・火の2日間だけ病児保育にお世話になりました。
 
初めての利用なので、朝は病児保育に行きたくないと言っていた娘でしたが、感染症なので隔離部屋に通され、専任の保育士の先生とマンツーマンで1日を過ごし、製作をしたり、風船で遊んだりと楽しく過ごせたようでした。
 
夕方お迎えに行った頃は、ハイテンションで「楽しかった!また行きたい!!」と大満足の様子で、娘が病気にも関わらず病児保育に行かせてしまったのが少し心苦しかったのですが、娘の笑顔を見て心配が吹き飛びました。
 

冬に向けてインフルエンザの集団感染におびえる

これから空気の乾燥が激しくなる季節「インフルエンザ」が流行しますよね。学校で学級閉鎖が出たりする場合もあるし、人から感染することももちろん考えられます。
 
子どものことが一番ですが、やはり一人親である私は一家の大黒柱。時給制で働いているので、休んでしまうとダイレクトに収入が減ってしまいます。今から娘がインフルエンザに感染しないでくれることを祈るばかりです。
  

f:id:shiawase-heart:20181026104852j:plain

収入が住民税非課税のうちは無料で病児保育を利用できるので、今後はありがたく利用させてもらいますが、残念ながら小学3年生までしか看てもらうことができません。
 
一緒に住んでいる母も数年後には仕事を辞めているだろうから、協力してもらうことはできますが、何せ母は喘息持ち。ここ数年は冬になると体調を崩して数日寝込むことがあります。そんな弱くなってきている母に、病気の娘を看てもらうというのも色々考えてしまうところがあります。
 
先のことはどうなるか、その時になって考えれるしかないですが、やっぱり病気になってイイことは何一つありません。
 
家庭でできる感染予防と言えば、うがい手洗い、バランスの取れた食事、湿度管理、沢山睡眠を取るといったこところでしょうか。
  
家族が健康じゃないと、お金も回っていかない我が家なので、健康第一を目標に年末まで突っ走ります!!