ひとり親セイカツ。

モラハラ夫・義理親との完全同居・別居生活を経て調停により離婚成立!

【別居・離婚原因のひとつ】義両親との完全同居生活体験エピソード3~自分の性格が悪くなる~

f:id:shiawase-heart:20170613110326p:plain

同居ストレスMAX。自分の醜いココロが顔を出す。

子どもが1歳前後の当時、授乳したりお昼寝が1日2回~3回あったり必然的に家の中で過ごすことが多かったのですが、家の中で気持ちが休まる場所がなく、義両親たちと顔を合わせたくなかったので、2階の自室に食事以外は引きこもる生活をしていました。

 
1階のリビングとキッチンは義両親たちが占拠しているので、好きなときに好きなものを食べたり飲んだり、キッチンを好きなように使うこともできず、冷蔵庫を開けるといちいち義母が声を掛けてくるので頭がおかしくなりそうでした。
  
義父に対して特に拒否反応を示していた私は、同居生活が続くにつれ「おはよう」の挨拶をしなくなりました。耳が遠い義父なのでスレ違いざまに「クソジジイ」と聞こえるか聞こえないかの声で言ってみたり、ストレスが溜まり過ぎて意地悪な言葉が出るようになっていきました。
 
食卓では一切ことばを発することもせず、ひたすら黙々と食べ、居心地の悪いリビングから早く撤退することばかり考えていました。
 
家族団らんの食卓なんて考えられませんでした。
 
義両親には「不満があるようだったら、一緒に生活しているんだからある程度言葉に出してくれないと分からない。」と何度も伝えました。
 
一緒に住んでいるのに、夫を伝ってクレームをつけてきたり、陰でコソコソ言われるのは、とても胸クソ悪くて仕方ありませんでした。
 
いつも何事もコソコソやる義両親たちなので、一緒に住んでいても信用出来なければ、家族になろうという気持ちも全く芽生えませんでした。
 

夫は義両親との間に立つことに面倒になり嫁を守らなくなる。

日々の同居生活のストレスを吐き出せるのは夫しか居なかったので、夫のこころにゆとりがありそうなタイミングを狙って愚痴をこぼすようにしていました。
 
はじめの頃は、一生懸命あいだに立って義両親へガツンと言ってくれたこともありましたが、私と義両親の言い分を聞いているのが段々と嫌になってしまったのか
 
「勝手にやらせておけ!」「お前は何も(家事)やらなければいい。」「めんどくせーな(怒り)」と言うようになり、夫はオンラインゲームの世界に現実逃避するようになっていきました。
 
仕事が順調だったはずの夫でしたが、ケガをしてからずっと家に居るようになったため、必然的に家の中のことが見えるようになりました。
 
そして、同居問題と仕事復帰できない苛立ちから次第に喧嘩が増えていきました。
 

同居から学んだこと

完全同居をすると、いらぬ夫婦喧嘩も増えていき、夫も面倒になると見て見ぬフリをするようになります。奥さんのことを本気で考え守ってくれるような人ならば、同居解消に踏み切るなど、奥さんのためを思って行動してくれるかもしれません。
 
義両親にとって、可愛げのあるできたお嫁さんになることができなければ同居は続けられません。
 
そして、同居生活でのストレスのはけ口がないと、自分が醜い人間に変わっていってしまうかもしれません。私はそうでしたから・・・。
 
そうなる前に誰かに話を聞いてもらうか、こうしてブログに吐き出すか、少しでもストレスを溜めない方法を見つけ出してください。
完全同居生活は甘くありませんよ。