ひとり親セイカツ。

モラハラ夫・義理親との完全同居・別居生活を経て調停により離婚成立!

勧誘なし!日本FP協会主催だから安心の無料マネー相談ができた。

f:id:shiawase-heart:20170906141139j:plain

純粋なマネー相談をしたい。

 離婚が成立し生活は何も変わりがないけれど、やっぱり心配なのは見えない先の不安です。生活するにはどうしてもお金が必要になります。

これまでも家計を切り詰められるところは切り詰めて生活してきましたが、今回FP相談会に行こうと思ったきっかけは、母親に掛けている保険の見直しをしたかったためです。

保険商品を取り扱っているお店はたくさんありますが、そういったところで無料相談をしても結局新たに保険を勧められたりするので、商売とは関係のない所で純粋に相談したいと考えていました。

 

「保険無料相談 FP」と検索をかけたら、日本FP協会が主催している「くらしの相談会」というものを各都道府県の支部で実施していることを知りました。さっそく予約を申し込みました。

 www.jafp.or.jp

 相談時間は1人50分。相談したいことを事前にまとめる。

【準備したもの】

・現在の収入や家計の内訳

・生命保険の保険証券

・相談したい内容のメモ

 

【相談内容】

母に掛けている終身保険を解約するか?継続するか?

 

【保険内容】

終身保険(契約者は私。母に掛けている保険。)

月額:10,000円

払い込み終了年齢:75歳

 

この終身保険は私が以前金融機関で働いていたとき、仕事の関係で自分の保険実績を作るために加入したものでした。かれこれ加入してから十数年経過しています。現在は経済的に負担が大変なので保険料の支払いは姉にお願いしている状況です。

 

2人の姉たちもそれぞれ母に対して保険を掛けているものがあるので、私が契約している母の終身保険は必要ないのではないか?と思い、それを今後どのような形で継続または解約という結論にすれば良いのか、FPの方から助言をいただきたいと思い相談にいきました。

 

FP2名が相談員として対応。

時間になり部屋に案内されると、2名のFPの方が対応してくれました。FP資格証を提示され簡単なあいさつを交わし相談がはじまりました。

 

事前に作成していった私の家計の内訳書を見せながら話をすすめていきました。そのときFPの方から「お一人の収入の中から、子どもさんの将来を考えしっかり貯金ができていることは素晴らしいですね。」とお褒めの言葉を頂きました。なかなか人から褒めてもらいことがないので、ちょっとうれしくなりました。

 

家計の話は改善点もないということで、今回相談したかった保険の話に移りました。結論としては「お姉さんたちも加入されているということであれば、最終的にはご姉妹で話し合いをされて、解約するかどうかを決めてみてはいかがですか?」というFPからの話でした。ちょっと期待してた回答と違ったのでガッカリでした。

 

保障内容としては、現在姉たちがそれぞれ加入してくれている内容で十分カバーできるので、やはり最後は自分たちで決める。という結論になりました。

 

母にFP相談会の報告をしたら、なぜか不機嫌に・・・

子どもを母に預けて相談会に行ったので相談会の報告をすると、「自分自身(母)に掛けている保険だから簡単に解約してほしくない。」という話でした。今、姉に支払をお願いしてますが「解約するなら自分で払う。」と母が言い出しました。

 

私は以前、金融機関で働いていたので少しだけ保険の知識があるので母に「そんなに保険を掛けたからっていいもんじゃないんだよ。」と話してみると、なぜか不機嫌になってしまいました。少しでも家計の負担を軽くするために相談会に行ったのに、帰ってきてからガッカリしてしまいました。

 

保険の結論は出ず。

姉に保険料の支払いの負担を掛けている現在ですが、母の言葉に迷いを感じ保険の結論を出せていません。母の年齢で新たに保険加入すると、かなり高額な保険料になるので私も「継続するか?解約するか?」とても悩んでいます。

 

姉たちは「結論は決めて良いよ。」と言ってくれていますが、母から脅しのように「解約した途端案外病気になったりするもんだよね!」と、脅しめいた言葉を言われていまったので、迷っています。

保険は人生4大支出(教育費、居住費、老後資金、保険)のひとつですので、今年中には結論を出したいと考えています。

 

FP相談をした感想

FP資格を持った方が金融商品の勧誘がない純粋な相談をしてくれるので、勧誘を恐れることなく相談することができましたが、相談した内容と回答してくれた話の中身が薄かったので、ちょっと物足りなさを感じた相談会でした。

 

日本FP協会では各都道府県の支部で、様々なセミナー&相談会を開催しているようです。お金の不安から少しでも解放できるように、積極的に勉強を重ねていければ、将来も変わっていくのかなと思いました。

 

まだまだお金の不安は尽きませんが、お金の知識があることは自分の強みにもなります。不安を抱えているだけでは悩みを解決することはありません。

手軽にさまざまな情報が得られる時代です。自分から情報を掴んでいき、お金と上手に付き合えるようになることがこれからの私の目標です。

お金の心配がない人生を送ることができれば幸せですよね。