ひとり親セイカツ。

モラハラ夫・義理親との完全同居・別居生活を経て調停により離婚成立!

精神的DV(モラハラ・自己愛性人格障害)を受けていたと本を読んで気づいた話。

f:id:shiawase-heart:20170622145037p:plain

一緒にいるときは気づけなかった「モラハラ自己愛性人格障害)」の元夫。

図書館に行ったとき、新着コーナーに「ブラック彼氏 恋愛と結婚で失敗しない50のポイント」という本が置いてあり、気になるタイトルだったので借りて読むことにしました。
 
その本の中には「ブラック彼氏」に該当するかのチェックリストがあり、やってみたらほぼ該当していました。
 
これまでの結婚生活、付き合っていた頃のこと過去を振り返ると、今までされてきたことがモラハラ(精神的DV)だったことが衝撃すぎました。
 
元夫が不眠やうつ病だったとき「私が支えてあげなくちゃ!」という、無駄な犠牲心をつかっていたこと、自分の気持ちに違和感をおぼえつつも結婚してしまったバカな自分。
 
これまでも振り返れば、自分を大きく見せようと嘘のようなホントのような言動や、こっちはどれだけ元夫に苦しい思いをさせられてきたか何度も話し合ってきましたが、結局は話をすり替えられ「頭がおかしいのはお前だ。」と言われてきました。
 
結婚生活を楽しく送るためにもにも「私がおかしいんだ。信じてあげなくちゃ!」と、自分の気持ちを押し殺していたことが、すごくアホらしく情けなすぎて、これまでの出来事が一気にフラッシュバックして、本を読みながら脱力感で一杯になってしまいました。
 
元夫が精神的DVモラハラ自己愛性人格障害野郎と気づいたあとからは、片っ端からモラハラに関するサイトや本を借りて調べ尽くし、自分がされてきたことに対して、相手はどういう心境だったのか知りたくて必死でした。
 
暴力をしない言葉や態度で苦しめられてきた原因が精神的DVモラハラ自己愛性人格障害だということが明らかになり、元夫を見える目がすっかり変わりました。
 
「人の気持ちが分からない残念な人。これからも生きづらさを抱えて生きていくんだ。一緒にいる価値もない人間だ。」と、客観的な見方をするように変わりました。
 
今までは、ことあるごとに同情してしまい共依存という状態になっていましたが、スーっと呪いが解けたような感覚になりました。
 
一緒に住んでいるときは、まんまと相手のペースにハマってしまってしまい、マインドコントロールされていることに気づきませんでした。
 
世の中に占い師や宗教にマインドコントロールされて、人生がズタボロになってしまう人の気持ちが分かったような気もしました。
 
奴隷のように支配関係になることは、誰にでも起こりうるんだなと自分で体験して思いました。自ら家を出ることで、自分の心を取り戻すことができたので、別居という決断をしたことが間違っていなかったんだと改めて思いました。
 
「ブラック彼氏 恋愛と結婚で失敗しない50のポイント」この1冊の本に出会えたお陰で、精神的DVモラハラ自己愛性人格障害)と気づき、元夫への気持ちが一切なくなりました。
 
本との出会いに感謝します。