ひとり親セイカツ。

モラハラ夫・義理親との完全同居・別居生活を経て調停により離婚成立!

【別居・離婚原因のひとつ】義両親との完全同居生活体験エピソード2~洗濯物~

f:id:shiawase-heart:20170612144624p:plain

洗濯物で嫌な思いをした同居生活

【義母と洗濯の取り合い?】

家事一切を義母にさせるように元夫に言われていた私は、ただ家の中にいるだけで自分の居場所がなく何もやることがありませんでした。
家事をやらせてもらえないとはいえ、自分の物くらいは自分で洗おうと決めました。
 
私「自分の洗濯物は自分で洗いますから、そのままで良いですよ。」
 
義母「いいのよ~、気にしないで。」
 
私「せめて自分の物は洗いますから。」
 
義母「大丈夫よ。こちらで洗いますから。」
 
そんなやりとりを毎回繰り返していました。
 
お風呂上りに自分の分だけ洗濯を回したことがありましたが、義母にすごく嫌な顔をされたので、夜洗濯することも辞めました。
とにかく自分のものだけ洗濯するため、対抗策を考えました。
 
「義母より早く起きて、洗濯を済ませよう作戦。」です!
 
作戦を決行した結果、洗濯をすることに成功!!次の日もこの作戦で定着させていこうと思ったら、さっそく義母も対抗してきました。
義母は今までよりもさらに早起きして洗濯をする作戦に出たのです。
 
洗濯ひとつでいちいち争っているのもバカらしく思え、私は洗濯から手を引くことにしました。
 
義母は鼻歌を歌いながら毎朝洗濯を干すのがクセのようで、当時専業主婦として家に居た私は、鼻歌が聞こえるとノイローゼーのようにイライラが止まりませんでした。
  

【洗濯物を義父がたたむ】

自分で洗濯することをあきらめた私でしたが、どうしても洗濯物について許せない出来事が起きました。
 
外出先から夕方帰宅すると義母と義父が洗濯物を一緒に畳んでいました。
よくよく見てみると、義父が私の下着を手に取り畳んでいたのです。一緒に洗濯物畳みをしている義母もそこは配慮して、義父にヤラセないのが普通だろう!ありえない。キモすぎる。そんな気持ちで爆発寸前でした。
その光景を目にしてから、ますます義父母が嫌いになりました。
 
これまで赤の他人だった人たちが結婚した途端「家族ですよ。」なんてすぐに受け入れることなんて絶対にできません。
 
とにかく義父に下着を畳まれるという行為がとても許せませんでした。世の中の同居しているお嫁さんには「助かるなあ」と思う人がいるかもしれませんが、私は気持ちが悪くて仕方がありませんでした。
 
義母もなぜ配慮ができなのか理解できませんでした。後日、義母へ今後一切義父に洗濯物をたたませないように頼みましたが
 
義母「お義父さんは変なことなんて考えていないわよ(フフフ)」
 
と、義父に私の意見を伝えることをしなかったようで、気が付くと再び義父が私の物を畳んでいることがありました。
 
洗濯物畳みでストレスなんて溜めて生活していられないので、これからは自分で洗濯を取り込もうと作戦にでることにしました。
   

【洗濯物の取り込み争い】

洗濯物は2階のベランダに干してあります。私は日中2階にある部屋にいたので、洗濯物は目に入るところにありました。
 
とにかく乾いたら素早く洗濯物を取り込めるように、お昼を過ぎたあたりからベランダに何回も出て、服が乾いたか確認しました。
 
この作戦のお陰で「洗濯物取り込み・畳み」については私が勝利を収めることができました。
 
今思い返せば、すごく視野の狭い小さすぎる話だと思いますが、同居している当人にとってはとても重要なことでした。 
 

同居生活から学んだこと

義父の汚いブリーフと一緒に洗濯されるくらいなら、同居前に義母と洗濯について取り決めを交わし、極力ストレスを抱えないことが必須です。